手汗の止め方【制汗剤】手汗の多汗症対策

手汗の止め方、多汗症による手汗対策についてご説明しています。制汗剤についても詳しくご紹介します。

  • TOP PAGE
  • 手汗の手術はどんなことをする?|手汗の止め方

手汗の手術はどんなことをする?

手汗の手術はどんなことをするのか、簡単に説明します。

手汗の手術は、脇の下を切開したあとに穴を開けて手汗を出している神経の交感神経を切ってしまうのです。

手汗がひどくなる原因は、自律神経の問題にあります。

自律神経が乱れて手汗をいっぱいかきなさい!と命令します。

命令をさせなければ手汗をかかなくなるので、その神経を切ってしまうという考えです。

実際に手術を行うと、滴るくらいにかいていた手汗もピッタリと止まってしまいます。

手汗の手術をすると副作用が起きるの?

手術で手汗をかかなくなっても、手以外のところから汗をかいてしまうことがあります。

これは、手術の副作用によるもので、手術を受けた方はほとんど発症してしまいます。

どのような部位から汗をかくかというと、顔や背中、脇、太ももやお尻などです。

手以上に目立ったところから汗が出てきます。

中でも、椅子に座って立つと椅子も濡れていてお尻も濡れて、おもらしをしたような状態になることもあります。

そうなると手術をしたこと自体に後悔してしまいます。

手術を受けるかどうかは慎重に判断するべきです。

当サイトの人気記事

 1番人気! 手汗を止める方法って?制汗剤で手汗は止まるの? 

関連記事

手汗の原因について

手汗を止める方法について

手汗コラム

手汗の手術はどんなことをするのかについてお話しています。

Copyright (c) 2014 手汗の止め方【制汗剤】手汗の多汗症対策 All rights reserved.